メニュー 閉じる

トータエ社会主義人民共和国

国家概要

国名トータエ社会主義人民共和国
正式名称トータエ社会主義人民共和国
英名Socialist People’s Republic of Towthaé
首都ハルヴォスタット
最大都市
最高指導者エカチェリータ・カラシリイコフ
政治体制議会制社会民主主義
公用語トータエ語
通貨ポルカ
主な産業軽工業・商業
国旗

概要

トータエ社会主義人民共和国は、1120年に成立した議会制社会民主主義国家である。
建国直後は内政安定のため、一時的に終身大統領制の形を取っていた。

産業

基本的に国営会社か政府認可の民営会社しか存在しない。非認可の闇市のようなものも存在するようだが、警察に取り締まられている。国内通貨のポルカをVaなどの他の通貨に兌換するには銀行で申請を行う必要があるため、民営企業のグローバル化や個人の旅行などは盛んには行われていない。

小麦やジャガイモ、豚肉、牛肉などの畜農業、鋼鉄、銀の輸出が中心。近年は人口増加に合わせて家具などの商品を外国から輸入して消費することも多くなっている。商品の輸入と販売に必要な労働人口が増えるとともに、工業人口は減少している。

企業

トータエ人民新聞社
国営の報道機関。全世帯に向けた新聞の発行を行っているほか、直近のニュースをまとめたオンライン版ニュース、ヘッドラインニュース、国営のテレビジョン放送も行っている。
国営であるため基本的に政府の考えを示した報道が行われる。

新報オンライン

民営の報道機関。ネット上の記事がメインの媒体で、政治系のニュースだけでなく、エンタメなどのニュースも含まれる。
しばしば公式見解と異なった報道をすることもあり、行政指導が行われたこともある。

年表  

出来事備考
40327期1120年 2月下旬地球から移住・建国。
40360期1121年2月9日国連に加盟。
40410期1122年6月下旬繁栄賞を受賞。
40479期1124年 5月下旬超繁栄賞を受賞。総合的国家成長計画(通称:十カ年計画)を発表。
国旗が制定される。
40513期1125年 5月初旬(11,10)地点で噴火。その後の巨大地震なども合わせて、「悪夢の一年」が始まる

移住と建国

1120年 2月下旬、多数の移民船によりフリューゲルに移住し、移住先の島をトータエ島と命名し、トータエ社会主義人民共和国として建国を宣言した。

悪夢の一年

1125年 5月初旬、(11,10)で火山が噴火し、60万人近くの死者・行方不明者が発生。コンビナートや市場も壊滅し、途上国入りしていた桐国の経済成長はマイナスへと転じた。
この火山噴火より、本島中央部を通る活断層が活発化し、5月中旬には銀鉱山の落盤、6月初旬と7月下旬には広域での大地震が発生した。大災害の最中、6月から10月にかけて2隻の海賊船がEEZ内に侵入。ノエシタにより2度の攻撃が行われたが命中せず、13兆Vaの資金と15億トンの食料を強奪して去っていった。
これらの出来事により、民衆の中で政権に対する不満が高まり、政府は幸福度を維持する政策を急がされることとなった。

政治及び軍関係者

人物役職人柄・特徴
ロスチスラフ旧共和政最後の大統領
エカチェリータ・カラシリイコフ初代大統領アイヌ系スラブ女性。移住後にトータエ社会主義人民共和国を建国した。建国後は終身大統領として十ヵ年計画などトータエの経済基盤を作り上げるために尽力した。
ジョーセフ・カリヌニコフ外務大臣
ベルカイヌ・ブルミスキー文化教育省官僚(次期国連事務総長候補)旧ノエシタ領カリヌナ出身。大学では比較言語学を専攻。現在はSNSを中心に活動している。

行政院

構成

大臣副大臣
外務省ジョーセフ・カリヌニコフ
財務産業省
総務省
文化教育省
法務省
軍務省
防衛省
環境気象省
衛生医療省
宇宙産業省

立法院での選挙によって行政議員が選出される。行政議員は行政院で政策の決議権があるとともに各省庁の大臣、副大臣などを兼ねている。行政委員は立法院での投票で票が多かった上位20人が選出されるため、立法院の議席数は行政院の議席数とほぼ比例する。

立法院

定数300人。法案の可決などの立法に関して大きな権利を持つ。

社会民政党:255議席(内国際派195議席、大統領派60議席)

共産主義大トータエ・スラブ党:45議席

政党

政策スライダーはカルセドニーwikiのものを参考。

社会民政党:与党

民主独裁6、左派右派4、開放閉鎖4、自由計画10

社会主義政党。議会と省庁による行政を掲げている。

国際派

ノエシタなど貿易国間の利益を最大化する条約機構の設置を提唱していた。

大統領派

共産主義大トータエ・スラブ党(CGTS):与党(連立)

民主独裁10、左派右派10、開放閉鎖5、自由計画10

極右社会主義政党。社会主義評議会による統治制度がトータエを長期的に繁栄させる道だとしている。また、社会主義や統制経済主義、スラブ主義国との国交を重要視している。

自由共和党:野党

民主独裁3、左派右派1、開放閉鎖1、自由計画3

資本主義を主張する左派政党。地域主義、国際協調によって経済成長が達成されるとし、外資企業の積極的な誘致、新興国の包括的同盟の結成などを公約としている。ノエシタとの条約同盟は党内で支持が多いものだが、社会主義を肯定することと同義だとして反対する党員もゼロではない。

自由党:野党

民主独裁1、左派右派1、開放閉鎖1、自由計画1

自由主義を主張する左派政党。ポピュリズムを正しく運用するために直接民主制を基本とする行政立法システムを計画している。「小さな政府、大きな人権。」という標語の通り、政府は国家の維持のための最低限の権力のみに絞り、全ての経済活動は国民自身にゆだねるべきだとしている。自由共和党と違い、国民の自由を阻害する可能性がある連合・同盟には反対している。

超越的思想集団:野党

民主独裁1、左派右派1、開放閉鎖1、自由計画1、タカハト7

超越思想に基づく国家運営を掲げている。委員会が行政を担当し、王家の血筋を引くナバールフ氏を(象徴としての)”皇帝”とする「超越的トータエ委員制国家連邦帝国」の建国を目指している。また、帝国の思想と矛盾しなければどのような国家でも自動で国交開設するとしている。

カリィの翼の会:議席なし

民主独裁10、左派右派10、開放閉鎖10、自由計画10

旧カリヌナ王国時代のカリヌナ元教を支持すると主張する宗教政党。伝統的住居「チカプ」での生活の強制、絶対神カリィによる政治信託などを公約としている。しかし、この政党の主張するカリヌナの教義は資料などで示されるものと異なっていて、国内ではほぼ相手にされていない。

地理

国内の都市や地形等に関して書く欄。観光名所や、最大都市を書いていけばいい。最低限でも良い。あんまりにもありもしない内容だと印象が悪くなる可能性があるのでほどほどに…

(作成中…)

文化  

言語

トータエ語(桐越語、Towtharian)が公用語となっている。北部ではノエシタ語、南部のジュリオーストク市では珠璃クレオール語が話されることも多いが、正式な公用語ではない。トータエ・アイヌ語族に属し、音韻対応が取れる言葉も多く存在し、アイヌ語と基礎文法・基礎語彙が近いことが分かっている。一方で、現代のトータエ語においてはノエシタ語(東スラブ語)や日本語から借用されたと考えられる単語も多く存在し、これらがトータエ語と同系統の言語であるかは学者の中でも意見が別れている。

民族

トータエ人、スラブ人、カリヌナ人を主要民族とし、少数民族としてアイヌ人、日本人、オロパタ人が存在する。特にスラブ人は北方に、カリヌナ人は樺太島に、日系人はジュリオーストク市に多く定住している。
ケターリ革命後、カリヌナ王国には多くアイヌ人が流入したため、カリヌナ人は樺太アイヌ人として見られることもある。

軍事  

エカチェリータは十カ年計画にて軍備拡張を掲げているが、未だ実現に至っていない。

諸国との関係  

国名友好度国交樹立備考(RPに影響しない)
ノエシタ社会主義共和国連邦A40328期ほぼ同時に移住した同盟国。
はやく国連加盟してくれ
ルーンレシア帝国A40329期体力が一番ありそうな国。お財布緩そう。
カルセドニー社会主義共和国A+40340期銀鉱山開発を始め、貿易・外交で関わりが深い国。
客観的に意見を推すのが得意。
ロシジュア帝聖平和ドミニウムB40427期超越思想で印象が強いが、slackのログを見てみると意外に話していない。
ルクスマグナ共和合衆皇国A+40498期桐国の鉄鋼山開発に出資。
ミルズ語独自の喋り口を活用して国際的な存在感を維持している。
レゲロ社会主義人民共和国A+40518期ルッコラ世界の中で存在感を放つ国。
直近のニュースには怯えながらも期待している。
セニオリス連邦B40540期「相互交信基準方式」に基づき、鉄鋼山開発の入札時に国交樹立したとみなされた。
RPがしっかりしているのでPLも真面目なのかと思ったら~、怪文書主義者でした~~
ラ・フローリド共和国B40584期
セリティヌム共和政A40587期FUN第21回総会が印象的な国。
話し方だったり色々と信頼できる。
ハチミツ国B40630期トータエの後に建国した新興国。度々資源を輸入している。
今後の発展が楽しみ。
ヘルトジブリール社会主義共和国B40834期最近復活した大天使工業国。
ホクリクホームA40853期政体や国名の由来が全く不明な国家。
神聖ガトーヴィチ帝国A40865期手動で商品輸出をしている工業国。
飯テロ画像をよく投稿してるガト
ロムレー湖畔共和国B国交未樹立ルッコラを繁茂させる、安定した国。
ロムレー人から垣間見える文系力がまぶしい。
その他の国々C友好度は鋼鉄販売などに用いるものであって、PL的なものではありません。

条約

締結した条約や署名した文書。

条約締結日
フリューゲル国際連合憲章1121年2月9日
カルセドニー社会主義共和国とトータエ社会主義人民共和国に於ける銀鉱山開発支援協定
ルクスマグナ共和合衆皇国トータエ社会主義人民共和国に於ける鉄鋼山開発支援協定
上の協定の改定1126年3月12日
カルーガ包括的国家連携協力機構条約1135年12月20日
トータエ社会主義人民共和国とルクスマグナ共和合衆皇国の間の覚書1136年1月下旬