メニュー 閉じる

【ミルズ通信報道部】号外アダム皇生存が判明 

860年10月26日 853年に悪辣外道傍若無人の「共和国」に拉致され処刑されたとされていた。
アダムフォンミルズ皇が皇国へ帰還いたしました
アダム皇の生存が判明した経緯ですが、トルキー社会主義共和国内で「ミルズ共和国」を騙った詐欺集団の摘発が行われた際、トルキー社会主義共和国側の警察がアダム・フォン・ミルズを名乗る男性を保護しその後我が国へと送還されました。
その後ミルズ皇国にて遺伝子を含め検査を受けた結果男性がアダム・フォン・ミルズ皇本人であると判明した次第です。
尚、何故トルキー社会主義共和国にいたのかは不明であり、さまざまな説が飛び交う事態となっています。
ミルズ国内で主流な説は
「共和国内で思想の分裂が起こり、上層部ではアダム皇殺害を意図し命令したが、処刑に立ち会った者が処刑したと見せかけトルキーへと移送した。」とするものです
しかし「当時共和国は諸外国から敵対視されておりそのようなことが出来るはずはない」との意見もあります
そのため国内では突飛な説も飛びだしており混乱は続くと見られます。
なおトルキー社会主義共和国側の報道にて「拉致を行ったのはミルズ共和国を名乗る詐欺集団であり、同集団はアダム皇を拉致し身代金を要求しようとしたが「共和国」側が大々的にプロパガンダに利用したため、要求が出来なくなってしまった」と報道されています。
この件に関してラルバ首相は「国際的な調査が必要でしょう」とコメントし
トルキー社会主義共和国との合同捜査の可能性を示唆しました。
また今回のアダム皇帰還により国内では「絶対皇政」に戻すべきとの意見が頻出したためとある共和派高官から
「死んでいたほうが皇国には良い結果をもたらしただろう」と意見が出るほどでした
しかし皇は皇政に関して「私は絶対皇政に戻すべきではないと考えている」とコメントしたため意見は沈静化しています
しかし国民の一部からは
「皇が戻ってきたからと言って共和国の罪が清算されたわけではない」という意見もあり皇国の共和国化は難しい状況だと言えるでしょう。
今後の皇国政治情勢はどのように変わっていくのかはまだ不明ですが何れにせよ。
次の選挙の結果が皇国政治の分水嶺となる事でしょう。
(864年9月15日〉

Related Posts