メニュー 閉じる

実弾発射演習 議会で批判

【民主自由党、社会大衆党 実弾演習を議会で批判】
ライン共和国で行われたミサイル実弾発射演習に対し、民主自由党・社会大衆党は政府を厳しく批判した。

社会大衆党 ローザルクセンブルク議員
「国防軍は国民の平和な生活のために存在しているはずなのに、強制退去命令によって国民の平和な生活を突如として奪い、住む家を失った10万人の人々は不自由な避難生活を強いられている。」

民主自由党 シュトレーゼマン議員
「政府は人的被害は発生していないと説明しているが、これは嘘である。標的地域にとどまる95歳のエンゲルス氏は警官に宿泊所へ連行され、ストレスのため7日後に死亡した。彼は実弾演習の犠牲者である。」

Related Posts