メニュー 閉じる

FUNによる北海地域での選挙監視に関する報告

トップページ フォーラム 外交交渉 FUNによる北海地域での選挙監視に関する報告

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にレゴリス帝国により6ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2751

    フリューゲル国際連合選挙支援局による北海地域での選挙監視に関する報告

    報告者 フリューゲル国際連合選挙支援局北海地域選挙監視団団長:ハイデマリー・シェーレンベルク(レゴリス国籍)

     フリューゲル国際連合安全保障理事会第18号決議に基づき、今次国民国会選挙に派遣されたフリューゲル国際連合選挙支援センター北海地域選挙監視団より、当該の選挙について以下の通り報告する。監視団は選挙支援センターより派遣された団員987名からなる。

    1,総括及び全体としての評価

     895年11月28日に行われた国民国会選挙の結果に基づき、民主的手段でもって総督の選出及び新政府の発足が進められた事に祝意を表する。北海地域選挙監視団(以下、当監視団とする)は、895年9月1日から896年1月30日にかけて帝政北海聯邦(以下、北海国とする)全域に於いて活動した。

     本報告書は、北海国の選挙プロセス全てを網羅するものではないが、団長始め団員987名より提出された詳細な報告や意見を慎重に検討・作成されたものであり、現地で真摯に活動を行なった監視団の見方として、北海国政府が今後自由かつ公正な選挙を維持発展させていくための更なる制度・準備面の発展や選挙関係者の能力強化を検討していく上で参考となれば幸いである。

    (1)当監視団が活動した期間中、重大な瑕疵、事件等もなく、平和裏かつ適切に投票準備、投票、開票が行われた。警備体制も概ね適切であり、活動場所の治安情勢も平穏であった。今回の国民国会選挙が成功した背景に、北海国民自身が有権者として高い関心を示し、平和裏に選挙を成功させたいという強い決意を有していたことがあると考える。選挙に積極的に参加し、その平穏な実施にも協力した北海国民のオーナーシップを歓迎する。

    (2)北海国は今まで軍人による互選での選挙であった為、普通選挙の開催は初めての経験となったが、『北海地域における選挙に関する協議』に於いて大北圈連帶聯邦政府(当時。現帝政北海聯邦)及び北海連邦亡命政府間で合意が交わされた選挙方式に基づいで、事前準備から投開票に至るという一連の選挙プロセスは恙無く行われた。これは選挙管理官、投票所職員、治安関係者など、多くの選挙関係者が強い責任感を持って職務に当たるとともに、選挙の各プロセスにおいてこれらの関係者が協力し、工夫しながら、選挙の公正性、透明性を確保しようと努力し、また、問題が発生した時には話し合いによる平和的な解決が図られるなど、北海国に於ける選挙関係者の努力の賜物であり、これを称賛するものである。

    (3)全体的に今回の国民国会選挙の精度は、各地方における多様な政治状況、民族構成、使用可能な人材・予算・情報、想定される不正行為などを考慮しつつ、現在の北海国において先進国同様のレベルで民主的に選挙を実施するために慎重に設計されたものと考える。

    2,選挙プロセスの評価
    (1)投票日前

    1,投票用紙、投票箱などの重要物品の配布・管理や投票所の設営などの準備には大きな問題は見られなかった。投票所には警備担当者が配置され、重要物品の警備が適切に行われていた。また、各政党は選挙集会に関する規則を遵守していた。
    2,有権者教育は、地域の事情に応じて効果的な方法が工夫されていた。

    (2)投票日

    1,投票プロセスはほぼ完全に平穏に行われ、重大な違反も、安全上の問題も見られなかった。投票所職員がオーナーシップをもって作業を行なっていたこと、一定の警備措置が講じられていたことを評価する。
    2,有権者の選挙への関心や意識の高さが窺われた(早朝からの投票参加、秩序ある順番待ち、高い投票率)。
    3,投票所職員は、投票方法がわからない有権者に手続きを丁寧に説明し、高齢者の優先的投票、身体障害者の付添人のケアを認めるなど個別のケースに応じてきめ細やかな配慮も行なっていた。
    4,投票所職員は、予め投票用紙を折りたたんで渡すなど、秘密投票の確保にも配慮していた。

    (3)開票作業

    1,開票プロセスは平穏に行われ、重大な違反も、安全上の問題も見られなかった。職員が、何日も、夜も徹して単調な開票作業にひたむきに従事していたこと、一定の警備措置が講じられていたことを評価する。
    2,開票所職員などの関係者は、長時間に亘って根気強く各々の職務に 取り組んでいたことからも、北海国民自らの力で選挙を実施するオーナーシップが窺われた。開票作業中に生じた疑問点が提起され、議論が行われることも多かったが、開票作業を妨害するためではなく、建設的なものと見られた。
    3,無効票は票毎に開票所職員より示され、明確な無効理由の説明が行われるなど、透明性の確保に高い配慮が払われていた。
    4,開票所職員に投票者の意思を尊重する姿勢が見られた。
    5,多くの開票所職員は、監視団員からの選挙制度等の質問に的確に応答していたことからも、研修は概ね適切に行われていたと思われた(他方で、職員の選定が遅れたために、直前に研修を行った例も見られた)。
    6,開票場所を選挙区ごとに異なる部屋に設置し、壁やカーテン等で区切ることで、 投票用紙が混ざらないようにする等、投票用紙の扱いに一定の配慮が見られた。

    3,結語
     国民国会選挙が行われてから4年以上が経過した。与党の改新の会の大敗に伴う新政権発足という結果とその直後の「帝政北海聯邦」への国号変更は大きなインパクトを与えたものの、政治的混乱は今現在に於いても見られないのを嬉しく思う。北海国の今回の普通選挙実施により、北海国民に普通選挙の知識・理念は十二分に根付いたと我々は考え、今後も改良を重ねつつ普通選挙が行われる事を強く確信している。

     最後に当監視団の活動に際し、北海国政府、選挙管理委員会、警察、更には各国際組織の協力・支援に感謝を表明する。

    以上

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。