メニュー 閉じる

「ミルズ皇国とラス・アノド海賊連合両国の平和維持のための友好条約」調印式

トップページ フォーラム 外交交渉 「ミルズ皇国とラス・アノド海賊連合両国の平和維持のための友好条約」調印式

  • このトピックには3件の返信、2人の参加者があり、最後にミルズ皇国により1年前に更新されました。
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1412
    ミルズ皇国
    参加者

    日時 865年5月15日

    調印場所 ミルズ皇国首都ミルズシティ ハルモニア国際会議場

    締結国 ミルズ皇国 ラスアノド海賊連合

    前文

    ミルズ皇国及びラス・アノド海賊連合は、先の対立を乗り越えて経済協力を始めとした各種協力や交流により両国関係の深化を促し、以ってフリューゲルの平和と安定を
    助長することを強く願い、ここに平和友好条約を締結することに決定した。

    第1条
      両締約国は、主権及び領土保全の相互尊重、相互不可侵、内政に対する相互不干渉、平等及び互恵並びに平和共存の諸原則の基礎の上に、両国間の恒久的な平和友好関係を発展させるものとする。また、両締約国は、前記の諸原則に基づき、相互の関係において、すべての紛争を平和的手段により解決し、武力又は武力による威嚇に訴えないことを確認する。
    第2条
      両締約国は、平等及び互恵並びに内政に対する相互不干渉の原則に従い、両国間の経済関係及び文化関係の一層の発展並びに両国民の交流の促進のために努力する。 
    第3条
      両締約国は国際的な平和維持のための枠組みの形成・発展にあたり協力して行動する。
    第4条
      両締約国は両国が平和的な活動に終始し、また両国の経済事情が許す限り、その保有する資源を有効的に取引することができる。
    第5条
      両締結国のうちのいずれかが第三国との戦争に突入した場合、もう一方の締結国は中立を維持するものとし、これを理由とする貿易関係の解消は行わない。ただし、両締結国が共通の第三国から宣戦を被った場合は例外とし、可能な限り軍事的手段を含め協力してこれを対処するものとする。
    第6条
      第5条に規定された通り、両締結国のうちのいずれかが第三国との戦争に突入した場合、一方の締結国の要請があり次第、もう一方の締結国は適正かつ公平な立場での仲介者としての役割を担う努力を行うものとする。
    第7条
      本条約の有効期限をフリューゲル歴で10年とし、一方の締結国が本条約失効の1ヶ月前に、もう一方の締結国に対し条約の破棄を通告しない限り、10年期限を自動的に延長するものとする。

    #1413
    ミルズ皇国
    参加者

    ミルズ皇国外務大臣 ケインフォンマクレーン
    本条約により両国の平和が恒久不変の物となるとに共に末永く発展することを願いミルズ皇国は本条約に署名いたします

    ミルズ皇国は本条約に署名いたします 
    ミルズ皇国 皇メイル・フォン・ミルズ

    #1414
    スルガ
    参加者

    ここにサインすれば金をくれるっていうんだな?

     ラス・アノド海賊連合の代表として本条約に署名する。
     ラス・アノド=ミルズ間の外交懸案は、最終的かつ不可逆的に、完全に解決したことをフリューゲルに宣言する。
     海賊連合総帥・ゲネボス提督

    #1415
    ミルズ皇国
    参加者

    本条約は865年5月15日に両国の調印を以て発効いたしました

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。