メニュー 閉じる

レゴリス帝国・ガトーヴィチ民主帝国間に於ける外相会談

トップページ フォーラム 外交交渉 レゴリス帝国・ガトーヴィチ民主帝国間に於ける外相会談

  • このトピックには5件の返信、2人の参加者があり、最後にレゴリス帝国により2年前に更新されました。
6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1059

    フリューゲル歴857年8月17日 レゴリス帝国首都ブリンストは外務省庁舎応接室にて、レゴリス帝国およびガトーヴィチ民主帝国の間で外相会談が開催された。

    関係者は本スレッドをご利用下さい。

    #1060

    フィリーネ・バルシュミーデ外務大臣
    「レゴリス帝国を代表して私、フィリーネ・バルシュミーデが本会談に出席します。今回はレゴリス帝国建国550周年記念式典に来て下さり改めて感謝いたします。ヘンネフェルト総統閣下からも感謝していると伝えてほしいという言伝を頂いております。
     まずは本題に入る前にエーラーン産の紅茶と、お茶請けとして我が国で尤も著名なお菓子ブランドであるユーハイム・ティー・マイスターのバウムクーヘンをどうぞ。お口に合うと良いのですが………。」

    #1074

    クルブニーキン外政大臣

    貴国建国550周年を祝う盛大なる記念式典にお招きに与り、また、ヘンネフェルト総統閣下のご厚意により、バルシュミーデ外相閣下にお会いする事ができ大変光栄でございます。エーラーン産のお茶…こちらはラヒージャーンですかな、バウムクーヘンとの相性もよく、大変心地よくなりました。

    さて、我が国は、813年戦争における敗戦の後、ディースブルク体制の下に置かれる事になりました。その後、我が国は、左派勢力の拡大、民主帝国法の可決成立、国号変更を経験しました。外交関係においては、WTCO加盟、ソサエティ再興、フリューゲル国際連合加盟、安全保障理事会同盟理事国就任を経験し、国際協調を主体とする平和を愛する国家としての立場を明らかにし、勃興するスラヴ人国家に対して国際社会の先達として関係構築を開始するなど、フリューゲルにおいて我が国が担うべき役割はますます増大しております。

    しかしながら、40年以上前に発足したディースブルク体制は、我が国が担うべき役割にふさわしい国防力を有することを制限しております。
    我が国は、先の大戦の収束に関して、主導的役割を果たされたレゴリス帝国政府とともに、現在の不平等体制を改善する必要があるという共通認識を持ちたいと考えております。かくなる共通認識を持ちましたら、いよいよ旧有志連合各国の同意を得て、軍備制限の緩和を始める必要がありましょう。

    親愛なる貴国政府が、この希望を共に叶えてくださることを期待しております。バルシュミーテ外務大臣閣下は如何お考えでしょうか。

    #1114

    フィリーネ・バルシュミーデ外務大臣

    なるほど。そういうことでしたか………(ティーカップをソーサーに置く)

    確かに813年戦争という世界大戦に敗戦し、ディースブルク体制下に置かれた貴国の国際社会に於ける貢献には目を見張るものがあります。
    然しながら、だからといってティースブルク条約に定められた軍備制限条項の期間短縮という貴国のご希望に沿うことは叶いません。

    軍備制限条項に定められた31200期という期限は「旧EDTO諸国が813年戦争について真摯に反省し、更生したかどうかを見定める為の期限」として設けられたものです。つまり貴国は謂わば「テスト期間中」の身であるのです。そのテスト期間中に目を見張る行動を繰り返し行ったからと言ってテスト期間が短くなる事はありません。テスト期間中である以上、良い結果を残さず落第点を取れば期限後に「補講」が始まるやもしれません。そういった立場に自国が置かれているということを今一度思い出して頂き、以て今後の政策の舵取りをして頂きたく思う次第です。

    繰り返しになりますが、我が国はディースブルク体制下に於ける貴国の国際的貢献については高く評価しているつもりです。ただ、国際社会には未だスラブ連合や貴国の現与党帝国発展党に対するアレルギーが強いのもまた事実。そのアレルギーを跳ね返せるような活躍を期待いたします。

    #1120

    ガトーヴィチ民主帝国 クルブニーキン外政大臣

    一方の国を教師、もう一方の国を生徒に喩えて寓話を紹介なさるとは、バルシュミーデ外相閣下は唯一無二の国際ジョークセンスをお持ちであるとお見受け致します。我が国は旧盟邦セニオリス共和国が有志連合に宣戦されてからエルドラード条約機構として集団的自衛権を行使するまで、大戦が勃発してから速やかに講和条約を締結するまで、全てを正当な外交手続きにのっとり行い、また盟邦との信義を篤くする姿勢を鮮明に致しました。そのような我が国は、ディースブルク条約に我が国に反省と更生を求める意味合いを見出しておらず、敗戦国として政治的経済的安定性の回復に専念し、速やかに国際社会へ復帰するための条約であったと認識しております。
    経済的安定性といえば、今や瓦烈両国は、商品60兆Va相当を定期貿易する対等な貿易相手国でございます。幸い、瓦白開発協定の締結による我が国の商品増産が予想されております。貴国との経済的な協力関係が進展することを願っております。
    (バウムクーヘンを右手で掴みながら)こうしてレゴリス帝国外相閣下とお話できる立場になるとは、私も出世したものですな。我が国を初め、ロシジュア帝国、ベロガトーヴィチ大公国などに共通するがもつスラヴ的価値観に対する誤解が解かれ、フリューゲルに広く受け入れられることを願って已みません。(バウムクーヘンを口に放り込む)…他に、話し合いたい内容はございますか。

    #1123

    レゴリス帝国 フィリーネ・バルシュミーデ外務大臣

    私のジョークはどうやら気に入ってもらえたようですね。認識の差異についてこれ以上議論するつもりはありません。今後貴国とは過去に囚われない未来志向の関係を築きたいものですから。
    貿易については通商産業大臣たるパメラ・フェルレーア女史の所轄ですから今後の商品貿易量増量については何とも。ただ普蘭合衆国鎖国に伴う商品輸入の代替処置は完了していないようですから、今後のガトーヴィチ製商品の輸入量増加について希望が持てますね。

    (バウムクーヘンをナイフで薄くそぎ切りしながら)私はフーデマン・グドリャン・アンガーマン・足柄・ヘンネフェルトの5政権、年月にして凡そ1世紀半以上外相として奉職して参りました。国内では歴代最長の外務大臣だと持て囃されてますが、私自身はまだまだ至らない身だと思っておりますわ・・・クルブニーキン外政大臣閣下の仰られるスラブ的価値観というものが一体どういうものなのか、今後も見守らせて頂きたく思います。(バウムクーヘンのそぎ切りをフォークで口に運ぶ)

    私からは以上です。今回は両国の認識を確かめることが出来、とても有意義な会談であったと認識しております。またいずれお会いすることになるかもしれませんが、その際もお手柔らかにお願いしますね?では、ごきげんよう。

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。