メニュー 閉じる

新洲府共和国

概要

新洲府共和国は複数の島で構成されている都市国家である。動乱により過去の史料は殆ど喪失しているため建国の経緯や移住の背景に関する詳細は不明である。

国名新洲府共和国
英:Republic of Sinzofo
国旗
標語   和平共処 和諧発展
首都 羅京地区
主要民族華族、サヤサヤ族、ワレワレ族
公用語官語・サヤサヤ語・ ワレワレ語
執政党独立行動党
建国 31362期・871年2月頃
政治体制議会制民主主義
通貨新洲府元

民族及び言語

  新洲府において確認されている民族集団は華族、サヤサヤ族及びワレワレ族が挙げられる。人口の70パーセントは華族が占めており、サヤサヤ族がそれに次ぐ規模を擁している。 政府機関の作業言語として指定されている官語は華族の言語とされているが、実際には華族の中で官語を母語とするものは五割弱と半数に満たず、残りは江人と呼ばれる華族の下位集団が使用する江語や、南人(港人)の南語(港語)で占められている。

  サヤサヤ語は島嶼の先住民族であるサヤサヤ族の利用する言語であり、周辺地域との交易で使われていたクレオール言語が発達したものと推定される。サヤ(Saya)は私の意味であり、連続すると複数形になる。つまりサヤサヤ語の意は私達の言葉である。

  ワレワレ語は華族とは別の地域から渡来した民族の言語であり、ワレは官語の我を意味する。こちらも連続することで私達という意味になるため、ワレワレ語とは則ち我々の言葉という意味になる。かつては官語で用いる文字(官字)を使用していたことが確認されているが、いつの時代からか官字の使用を放棄しており、現在ではカナと称される表音文字のみが用いられている。

ライン共和国

カルセドニー社会主義連邦共和国

ロシジュア平和連邦

ヘルトジブリール社会主義共和国

ンボベベ土侯国