メニュー 閉じる

天照院幕府

天照院幕府(正式な国号は「大秋津国」)は秋津列島を統治する武家政権である。
名称は初代将軍細川経氏が首都「洛安京」の古寺「天照院」に政府を置いたことに由来する。

国名大秋津國
国旗
国章
幕府旗
幕府章
国歌海ゆかば
国鳥カラス
首都洛安京
元首由仁 伝75代皇王
将軍細川経隆 第6代上将軍
公用語日本語
政体権威主義武家政府→部分的民本主義評議制
通貨貫 (対外決済にはVaを使用)
開国フリューゲル暦 32828期911年 11月中旬

概要

大秋津國は秋津列島に位置し、秋津本島、北山道、丘州、肆国からなる島国である。周囲には自治国の琉宮国、秋津海を隔て幹半島、東華夏海を隔て中夏、西南泰平洋を隔て石動が存在する。

歴史

秋津民族は石動民族と同じく地球を脱出した日本民族の後裔にあたり、その建国は早くユネティプロジェクトが本格化するフ歴0年以前に移民が試みられたと伝わる。

その後、日本国皇室を皇王とし(初代天神皇王)秋津皇国http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/xpwiki/?%E7%A7%8B%E6%B4%A5%E7%9A%87%E5%9B%BDが成立した。

幾度かの政変がありながらも統一を保ってきた秋津皇国であるが、357年に中央政府が崩壊、450年代〜470年断続的な政府が成立した後、475年に石動第二帝国http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/xpwiki/?%E7%9F%B3%E5%8B%95%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E5%B8%9D%E5%9B%BDに併合される。

しかし、まもなく石動政府に反発し480年に最独立するも周辺国である石動、幹国を敵に回した為に安定せず482年に崩壊した。

その後、長く中央政府が存在せず群雄割拠と幹国人、中夏人海賊による支配が続いた。

530年代より生じた石動南北動乱http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/xpwiki/?%E7%9F%B3%E5%8B%95%E5%8D%97%E5%8C%97%E5%8B%95%E4%B9%B1の影響は秋津にも及び、丘州に南朝方勢力の根拠地が置かれ、北朝支援の幹国との戦場となり幹国政府により丘州自治政府が成立した。

この頃、秋津列島からは独立していた佰愿神社領佰愿諸島http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/xpwiki/?%E4%BD%B0%E6%84%BF%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E9%A0%98%E4%BD%B0%E6%84%BF%E8%AB%B8%E5%B3%B6は本土と周辺国情勢を憂慮し、本土の有力者と共に南秋津諸藩連合http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/xpwiki/?%E5%8D%97%E7%A7%8B%E6%B4%A5%E8%AB%B8%E8%97%A9%E9%80%A3%E5%90%88を設立した。

しかし、大幹帝国の後裔たる大明帝国の消滅、石動第三帝国の消滅など東方世界全体の退潮と共に秋津列島も不安定化し、再び長い暗黒時代に突入した。

この混乱を鎮めたのが初代将軍細川経氏である。細川経氏は秋津各地の豪族を服属させ嘗ての石動第三帝国の足利政権を範とした幕府制を樹立した。

そして、6代将軍細川経隆は反抗的な豪族の反乱を制し、911年に満を持して開国に至ったのである。

皇王

皇王(こうおう)、訓読みで「すめらおおきみ」と読み、敬称は「皇王陛下」「主上」「聖上」などとお呼びする。

皇王は日本国皇室の直系に近い後裔と伝わり、石動皇帝とは遠縁とされる。

古い記紀資料によれば「天皇」と称した例もあり、(天神天皇)など表記に揺れがあったとされるが、次第に地球時代の皇室の「天皇」に遠慮し「皇王」の名称に落ち着いたとされる。

幕府