メニュー 閉じる

北海連邦

北海連邦とは、フリューゲル暦863年11月下旬に建国宣言された、新興連邦国家である。貿易箱庭諸国では、最北端に位置する国である。

概要・国家制度

『平等主義』を掲げ、『人民の為に国を捧げる』をモットーにしている、社会主義平和国家である。

軍部と総督府は独立しており、しばしば対立こともある。しかし、幕僚長は総督が決める為事実上総督府の方が権力が高い。

先住民は「覇気暦族(丁名 ヘキレキ族)」であり、国家建設当初から一般市民と同等の権利を持っいる。

北海連邦軍

北海連邦幹部

北海連邦総督:那賀野 賢治(ながのけんじ)

大潮海軍・氷山陸軍総括総合幕僚長:十 銀明(つなしぎんめい)

北連国会

現在、国会議席はこのようになっている。

地理・地形・気候

首都であるラティハヴはCe気候、平均気温は-11.4℃、年間降水量は959.7㎜である。