メニュー 閉じる

ヴェニス株式会社統治領

概要

通称ヴェニス株式会社統治領
正式名称ヴェニス島開発株式会社が経営するヴェニス島
首都ミッドガルドシティ(本社所在地)
最大都市フリューゲル・セントラルシティ(国連本拠所在地)
CEOムスタファ・デミレル
社内公用語ヴェニス・ドイツ語(書類上のみ)
通貨E-Vaミュンシェ(仮想電子通貨)
主な産業観光・映画・IT・小麦・葡萄・宅地サービス
創業764年6月21日
社章

概要

ヴェニス株式会社統治領は、ヴェニスグループの1企業、ヴェニス島開発株式会社(通称:ヴェニス株式会社)が所有するヴェニス島と周辺諸諸島一帯の通称である。ヴェニス島とその周辺諸島はフリューゲルの北半球に位置する。
ヴェニス株式会社は民間企業のため、ヴェニス島そのものは無主地であると発表されている。そのため、ヴェニス島で居住している人は何らかの他国籍を所有しており、ヴェニス国籍というものは存在しない。
ヴェニス島全土のリゾート化計画「地上の楽園」計画により観光地化されており、フリューゲル国際連合の本拠地が設置されている。

地理

ヴェニス島はフリューゲル北半球の高緯度に位置しており、季節による日の出と日の入りの差が激しい。島全土が計画的に開発された人造地形によって形成され、自然由来の地形は2つの火山以外にない。
気温は南方が温暖で北方は寒冷と差が大きく出る。季節による寒暖差も大きく、夏は乾燥し雨が少なく、冬になると降水量が増え積雪が発生する。

産業構造  

ヴェニスグループ系企業が圧倒的シェアを維持しており、新規企業の参入障壁となっている。 一方で統制を行う政府機関がなく、法人税もないため各国から税金逃れのために本社を設置する企業が集まり、他国では違法となる物品の売り買いが自由に行われている。

統治構造  

無主地とされているが、ヴェニス島の開発計画を担うヴェニス島開発株式会社とヴェニスグループ関連企業が政治・経済・軍事を掌握しており、事実上の国家として成り立っている。大きな開発方針はヴェニス株式を保有する株主による決定が行われている。
他国における法律にあたるものは「ヴェニス島労働組合」と「ヴェニス島顧客委員会」の2か所によって決められる。2つの立法機関があるため島内の法秩序が混乱する事がある。治安維持に関しては、ヴェニス・セキュリティ・サービス株式会社が警察を代行している。

年表  

764年 6月中旬:創立。ヴェニス島のでの経営を開始。
767年 9月下旬:暴動が発生。フィリップ・オルグレンCEOが引責辞任。
767年10月上旬:フリードリヒ・ヴェーバーCEOが就任。
774年 7月上旬:「地上の楽園」計画を発表。
779年 1月上旬:社内組織を一部解体、グループ企業化。島外事業展開を開始
794年 1月上旬:「地上の楽園」計画の完了を宣言。
795年 9月上旬:ジュリアン・ブースCEOが就任。
796年 9月下旬:創始者アンドリュー・ハーリー死去
809年 11月上旬:VSS社の重武装化決議
813年 6月上旬:813年戦争勃発
813年 11月上旬:813年戦争終結
830年 1月上旬:ローザ・クリスティーナ・エメリッヒCEOが就任。
852年 11月初旬:「世界の首都」計画を発表。フリューゲル国際連合施設の誘致を開始。
863年 6月中旬:国連都市が完了。国連関連施設が移設される。
864年 6月中旬:創業100周年祭を開催
880年 2月上旬:ムスタファ・デミレルCEOが就任

歴代のCEO  

名前フィリップ・オルグレン
性別男性
国籍レゴリス帝国
就任 764年6月中旬
退任 767年9月下旬
詳細 ヴェニス島開発株式会社初代CEO。
当時世間的には懐疑的だった 創業者アンドリュー・ハーリー氏 の「国ではなく企業が統治」という考えに賛同し、初期開発にてヴェニス島の社会基礎を立てた男。彼の自由な思想と気風は、ヴェニス島開発株式会社の社風として定着した。
顧客獲得を急ぎすぎ、島内インフラ開発が遅れ暴動が発生したため、引責辞任した。
名前フリードリヒ・ヴェーバー
性別男性
国籍ストリーダ王国
就任 767年10月上旬
退任 795年 9月上旬
詳細元ヴェニス島株式会社の企画開発部の部長だった男。
暴動後の混乱した島内情勢を立て直し、「地上の楽園」計画を発表し島内を巨大リゾート地に変えた。彼の就任期間中にヴェニス島開発株式会社の信頼は回復し、株価は大きく上がった。ヴェニス島をハード面で作り上げた男とよばれている。晩年は安定かつ堅実な経営を続け、高齢のために辞任した。
最後の退社時には、大勢の従業員が拍手喝さいの中見送ったという。
名前ジュリアン・ブース
性別男性
国籍カドレン共和国
就任 795年 9月上旬
退任 830年 1月上旬
詳細ヴェニス社カドレン営業所の営業部長だった男。進出の出鼻をくじかれていたカドレン営業部を立て直し、ヴェニス社出生街道を驀進した。
CEO就任後はヴェニス島の安全保障強化と経営健全化を行った。
彼の安全保障整備は813年戦争で発揮され、ヴェニスグループが国家の正規軍相手でも自衛する事ができることを証明してみせた。
戦時下においても「これ以上人が死ぬ事は許されない」と、幾度も和平交渉を持ち込む「忍耐の男」という異名を得た。
名前ローザ・クリスティーナ・エメリッヒ
性別女性
国籍レゴリス帝国
就任 830年 1月上旬
退任880年 1月下旬
詳細初の女性CEO。20代前半でCEO就任という前代未聞の超実力派な女性。
油田開発とヴェニス製兵器の積極輸出を促進。
「世界の首都」計画を発表し、就任期間中に発足した「フリューゲル国際連合」の関連施設誘致活動を成功させ、ヴェニス島の国際地位の向上に成功させた。
就任前の経歴 トレーダーとして様々な人や企業を見てきた為、人や企業を見る力を鍛えられたとは本人の言葉。その力、そしてBRBHでの勤務や大学での勉学を通じて得られた経済や経営、金融知識で以てBRBHの拡大を成し遂げた。ヴェニス支社勤務時代、支社長として複数のヴェニスグループ所属の子会社の株式買収を主導しており、株式会社ドリームハウスと株式会社ブラックオイルの株式を、それぞれ20%と15%握ったという。(ヴェニス銀行株式会社の株式も買収しようとしたが完全子会社であり、ヴェニスグループHDが株式売却に応じなかった為断念している。現BMグループのブライアン地所CEO兼ヴェニス不動産CEO兼ヴェニス銀行CEOを務めるローザ・クリスティーナ・エメリッヒとは同じ大学かつ学部も一緒の親友兼ライバルと言った間柄であったが、BRBH取締役CEO時代に、帝国最大のメガバンクであるバンク・オブ・レゴリスと組んで彼女の経営するブライアン地所に対して経営改革を迫り、結果として要求を全て呑ませた所から関係は拗れ今はとても仲が悪いと言われる。(本人曰く「彼女には申し訳ない事をしたが反省はしていない。それがBRBHとして最善だったと強く確信しているから」とのこと) 既婚者であり、ロムレー人の夫を持つ。夫とはアンゼロット記念大学在籍時に出会い彼女が一目惚れして猛アタックした結果、婚約を交わすに至ったという(その際の夫に対する周りの目はとても洒落にならないものになった)その後16歳の時に結婚。夫婦仲は良好とのこと。アプリル・ヴォルケンアンザムルング、リーゼロッテ・ヴェルトミュラー、マンフレート・ハルデンベルクといった3人の総統に仕え、凡そ1世紀に渡りレゴリス経済の拡大と安定に力を注ぎ続けたパウラ・フェルレーア通商産業大臣の直系の曾孫でもある。しかし彼女は所謂コネが大嫌いであり、大学への飛び級入学も、BRBHでの出世も全て自力で成し遂げている。
名前ムスタファ・デミレル
性別男性
国籍トルキー社会主義共和国
就任 880年 2月上旬
退任現役
詳細西洋系人種以外で初のCEO。
島内建造物の再開発を主導した。
就任前の経歴 トルキー社会主義共和国ブルネ県ブルネ市で3兄妹の末っ子として誕生。
幼少期は粗暴な子供として有名で、学校で度々暴力問題を引き起こしていた。
16のころ母親を交通事故で失い親の大切さと親孝行ができていない焦りから一転、猛勉強に励むようになった。努力みのってアンカラ大学に入学後は、経済学をひたすら学びつつ、政治に興味を示し緑の党へ入党する。
大学生時代は勉強と党活動にいそしみ、成績上位で卒業した。
卒業後は国家公務員として経済省労働修士局で企業監視(ヴェニス・トルキー建築業株式会社専属)を主として働いていた(本人は産業省環境庁を志望していたがかなわなかった)。
公務員時代は人当りもよく、公務をそつなくこなし上司からの評価も上々だったが、次第に社会主義とは反対に位置するヴェニスという超巨大企業と資本主義に対し興味を持つようになり、自由民主党や民主党の資本主義談話に参加するようになる。
その後両党の活動に参加した事がバれ、退職。公務員時代のコネでヴェニス・トルキー建築株式会社に就職する。
入社後は能力の高さと地頭のよさからスピード昇進を果たし、実績を認められ本社転属でヴェニス島へ移住。
本社では国連都市プロジェクトのマネージャーを務め大成功を果たした。人当りがよく冷静な態度が目立ち、感情的になる事がめったにない性格。
学生時代に緑の党に入っていたため、環境問題に関して強い関心をよせている。
趣味は幼少時代からよく遊んでいたスキー 。

役員名簿 

※CEOに関しては「歴代CEO」を参照

名前性別国籍詳細
ブルクハルト・エクスラー 男性ストリーダ王国ストリーダ王国大手のクルーズ客船運航会社「エクスラー・クルーズ」の創業者兼代表取締役会長兼社長。
ブラッド・シズリー男性カルセドニー社会主義連邦共和国「南の風」中央処理委員、旧アーネスト士官評議会科学代表。
アンネマリー・ハルトス 女性レゴリス帝国レゴリス帝国最大のメガバンク「バンク・オブ・レゴリス」の元CEO。ハイネセル=エルネスティア州首相、レゴリス帝国通商産業副大臣を務めた事もある政治経済のスペシャリスト。旧ハイネセル連邦共和国の首領ハーストリア・ハルトスの子孫。
ユベール・アランブール男性ロムレー湖畔共和国クレディ・ロムレー社投資銀行部門マネージング・ディレクター。専門は数理ファイナンス。コーデクス主義者。
エーブ・ベナール 男性ローレル共和国(非公開)
イオニアス・エルステイン男性クラリス連邦(非公開)
ヴァネッサ・ティユリア 男性普蘭合衆国(非公開)
カーロイ・モール男性トラハト=ラシュハ連合王国 王国公的年金運用基金外国株式運用部長、ヴァンブルグ大学出身、修士号(経済学)保有者、元商務省官僚
С. И. マースロフ男性ガトーヴィチ民主帝国国営ガトーヴィチ石油より派遣された。

文化  

世界各国から人が流入出するため、古来から続く固有の文化などは存在しない。
ヴェニスグループの社風である「自助努力・自己責任」から、自由主義・個人主義の風潮が強い特徴がある。また、標語である「新しい生活」からか、先進的手法に導入に抵抗があまりない。

住民 

フリューゲル中から顧客と従業員が来訪するため、ほぼすべての民族が島内で生活している。
島内では「居住サービス」区画を利用する「顧客」と、「社宅」地区に住む「従業員」の2つに分かれている。「居住サービス」区画はランク分けされているものの、最低ランクでもIOT化住宅による快適かつ豪華な生活を保障されている。「社宅」地区は役職による上下関係があり、最低ランクは1ルームと上下差が激しい生活水準になっている。

軍事  

公式発表では軍を保有しておらず、非武装であるとされているが、警備会社であるヴェニス・セキュリティ・サービス株式会社(VSS社)が島の警備と治安維持を代行している。VSS社の重武装警備員は自動小銃や砲をのせた特殊警備車両や警備航空機、警備船を有し、独立国家の正規軍の攻撃に耐えうる実力を有している。
内実は関係なく、公式上はただの警備会社の警備員であるため、軍服等もなくラフな格好をしており、軍隊ではないと主張している。