メニュー 閉じる

ラ・フローリド共和国

 

国家概要

国名 ラ・フローリド共和国(Republic of La Florid
正式名称 ラ・フローリド共和国
首都 ヴィレンシア
最大都市 ヴィレンシア
最高指導者 リリアナ・バルベルデ大統領
政治体制 議会制民主主義
公用語 カバーニャ・スペイン語
通貨 Va
主な産業 農業 服飾・革雑貨
国花 カーネーション
国鳥
標語 情熱、格式

 

概要

978年11月 リリアナ・バルベルデ第一代共和国大統領により、ラ・フローリド共和国 建国を宣言する。

国旗

深い赤色は、情熱・愛情を

黄色は、格式、伝統をそれぞれ表す。

左上の鶏は、カバーニャとナルガの統一の証である。

国章

赤いカーネーションと女性の横顔が描かれている。

国名と標語も記されている。

 

国名

フローリドとは、カバーニャ・スペイン語にて「花」を意味する言葉である。

カバーニャ・ナルガの統一を花に例えた事に由来する。

スペイン語名:República de La Florid

英国名:Republic of La Florid

国家構造

立憲議会制民主主義

年表

960年9月 王フェルナンド・シェーンブルゴ=アルテジオンはカバーニャ王国の王位を自ら退位し、カバーニャ自治政府樹立、王家はオーヴァリア大公領へ亡命

970年4月 ナルガ自治政府樹立

978年11月 ラ・フローリド共和国 建国

979年10月 共和国憲法 共和国立法議会 可決 → 共和国元老院へ

979年11月 共和国憲法 共和国元老院 可決 → 国民投票へ

歴代の国家元首

第一代共和国大統領 リリアナ・バルベルデ

政治首脳陣及び閣僚

大統領(国家元首)  リリアナ・バルベルデ
閣僚評議院議長 フェリペ・アルフォンソ
外務院長 マヌエル・エルナンデス
自治院長 ジョセフ・ボーダー
財務院長 ペドロ・ポルティージョ
軍務院長 バレンティン・セセ
通商院長 アナ・アレジャーノ
経済産業院長 ベネディクト・エスパルサ
教育院長 ブルーノ・アギュエロ
自動車院長 シーロ・アルバ
鉄道院長 エリシア・コラレス

共和国議会

他国の下院にあたる、共和国立法議会と他国の上院にあたる共和国元老院の2院制。

全地域での国民による選挙によって立法議会議員が選ばれ、元老院は旧カバーニャ王政時代の元老院議員(貴族階級や聖職者)や、各業界団体の代表者、有識者などが推薦の上選出される。

立法議会は任期12年

立法議会 議席数 400

元老院 議席数 150

 

第一回立法議会議員選挙 979年1月

第二回立法議会議員選挙 991年1月 予定

 

政治政党

フローリド国民運動党
自由と民主主義を掲げる国内第一党の政党。

・フローリド純粋社会主義労働党
純粋社会主義の思想を主として、共和国で純粋社会主義体制を目指す政党。平等の上の民主主義体制を目指す。

・保守党
王政復古を目指す政党。資産家・貴族階級の支持層を持つ。

・フローリド共産党
共産主義体制を目指す政党。国際的な協力を模索する。政党の自由化により正式活動開始

地理(島)

ナルガ島

ナルガの民が農村集落を中心としていたところ、ジョセフ・ボーダー代表を中心として自治政府を樹立させ、他国からの多数の資金援助を引き出した

カバーニャ島

カバーニャ島はスペイン語系人類の移住先の一つ。カバーニャ島には大量の鶏が持ち込まれたこともあり、鶏飼育が盛んで、島の代表の鳥となっている。ナルガ島には鶏を送ることで一部友好的な関係を築いている地域もある。

サン・パルマーニャ諸島

中央下部に位置する小さな島々の事を指す。ナルガ国営建材工場 ナルガ自治政府が経営する、建材関連及び商品の工場。少しづつ成長の歩みを進める国の代表的施設

遊園地や教会のある島もある、今後複合的なリゾートを開発し観光都市としていく予定である

地理(都市)

首都 ヴィレンシア

(5,9)国内最大の都市であり、官庁街を持つ、国の中心的都市。カバーニャ島中央に位置し、シェーンブルゴ朝カバーニャ王国時代も首都としていた。

パルセローニャ

(4,12)国内第二の都市。文化豊かな発展した都市

カミラード

(4.4)カバーニャ島最上部にある都市。国立墓地が近くに位置する。

リサティーナ

(11,11)国内第三位の都市。ナルガ島中央左側に位置。ナルガ島貿易の中心的都市となっている。

文化

大規模工業は発達していないが、ファミリー単位の工房やファクトリーは数多存在する。主に、良質な牛革やコットン、ガチョウの羽毛が採れることで、それを加工した服飾や革製品を製造する工房がメインである。

カバーニャ島 3大ファクトリー

エル・パレンサ El Palensa

上質な革製品の鞄、財布、靴、ベルトなど製作する工房。国内外の一部富裕層向けに出荷している。

パレンシア家が代々家業を継いでいる。

バエナ・バジョ Bahena Bayo

スラックス、ジーパン、チノパンなどのパンツ専業の工房。履き心地と履いた時のシルエットに拘る。

国内外の一部の繊維商社(繊維問屋)に出荷している。

ラ・モデスターナ La Modestana

高級ダウンジャケット専業工房。上質な白ガチョウの羽毛を使用した上質でシックなダウンが特徴。

主に国外(特に寒冷地域都市部を抱える国)に出荷している。

構成民族

大多数がカバーニャ人。ナルガ島にはナルガの民がいる

軍事

国として秩序だった軍隊はない

条約・同盟等

ヴェールヌイ・ナルガ開発支援協定

ヴェールヌイ/ラ・フローリドにおける治安維持協定

ベルクマリ包括的協力機構

諸国との関係

国名 友好度 国交 備考
国名 友好度

 

※ウィキはとりあえず設定の書留めし、まとまったら正式に整える予定。byナルガの人