メニュー 閉じる

セニオリス社会主義共和国

セニオリス社会主義共和国旗

国名セニオリス社会主義共和国
英語国名Socialist Republic of Seniorious
標語平等 労働 平和
首都イグナイト
元首オリーヴィア・ミラノヴィッチ (Olivia Milanović)
政体社会主義共和制
公用語セニオリス語
建国971年10月

概要

 セニオリス共和国にて971年4月に発生した軍部によるクーデターやそれに伴う政変から超天連邦へ多くの亡命者が発生した。その中でヘルトジブリール社会主義共和国へ亡命した社会主義思想を持つセニオリス人によって建国された共和制国家である。972年1月の時点ではセニオリス本国が軍政となっており、亡命政府としてヘルトジブリールの首都、ベルグシュロスに拠点を構えている。

 指導者は元セニオリス社会民主党のオリーヴィア・ミラノヴィッチ氏で、本件でヘルトジブリールへ最初に亡命申請を行ったグループの一人である。彼は亡命政府の樹立宣言にて「第二共和制にて培われたセニオリスの民主主義や社会主義への理解が暴力によって破壊され、過去の悲劇の再来となることはなんとしても避けたかった。産休期間中で政界からは一時引退していたが、これが幸いして亡命できた。祖国に民主主義を取り戻し、軍部の暴走と社会主義者への迫害を止めるために尽力を尽くしたい」と延べ、幸運な亡命劇と建国の決意を表明した。

本国家についてヘルトジブリール政府は見解を示していないが、ヘルトジブリール社会党OBより活動拠点や生活費について支援がなされており、黙認されている状況である。

亡命政府の構成人員は社会(民主)主義者が大半を占めており、それに少数のハト派共産主義者が合流した状態である。超越主義者や政治思想より平和思想を重視する者はロシジュア帝聖平和ドミニウムに樹立されたセニオリス超越的共同共和国にへ転属している。

亡命政府報道官はセニオリス本国で以前の政権が復活し、民主主義復活と社会主義者の迫害停止した場合は希望者を募って帰国し、亡命政府は解体するとの方針を示している。