メニュー 閉じる

カドレン共和国

国名 カドレン共和国    
       
       

|国名|カドレン共和国|
|正式名称|Cadolen Republic|
|国旗|#ref(cadlenflag.png)|
|首都|ロカリス|
|国家元首|スコット・バルフォア大統領|
|政治体制|共和制、大統領制|
|通貨|カドレンVa(CAV)|

*概要
カドレン共和国は、フリューゲル北半球の国家。

*歴史
フリューゲル歴781年、移民船団「カドレン」がフリューゲルに到着。北半球の無人地帯に入植し、建国を宣言する。

*政治
カドレンは共和制、大統領制を採用している。
国家元首である大統領は行政府の長も兼ねる。大統領は国会より選出され、副大統領と閣僚を任命する。任期は5年で、
3選は禁止されている。

**行政
行政機関一覧

大統領府;大統領の業務を補佐する。
内務省:治安、国境警備、防災、環境保護、出入国管理
国防省:国防、安全保障政策
外務省:外交政策
財務省:税制、国家財政の管理
司法省:法整備及び維持
農商務省:通商、諸産業政策
教育文化省:教育、科学技術、文化行政
労働・保健省:労働及び保健行政
公共事業省:インフラ整備、交通政策
宇宙庁:衛星・ロケット打ち上げ、宇宙政策

**国会
二院制の議会が設置されている。上院は各州から10名選出される50名で、州を代表する。下院は定数120名。

***政党

”カドレン自由党(Liberal Party of Cadolen) 中道左派”
政権与党。燃料交易の推進と国内の農商重視を掲げつつ、税制や社会保障による社会的公正を重視している。
下院68議席

”保守党(Conservative Party) 中道右派”
野党第1党。キリスト教保守層や大企業で支持が多い。自給経済を目標にしていたが、自給経済に対して国際的な
非難が行われてからは撤回した。国有企業の民営化、大企業向けの減税と規制緩和、軍備強化を掲げている。
下院42議席

”カドレン共産党(Communist Party of Cadolen) 左派”
選挙による合法的な社会主義化を目指す政党。
下院7議席

”愛国者戦線(Patriot Front) 極右”
保守党の自給経済政策の放棄に反対した議員が、同党を離脱して結成した。
自給経済を目指し、非同盟中立、軍備の大幅強化を主張している。
下院3議席

**外交

|国名等|条約・交易等|
|ヴェニス株式会社統治領|営業所を設置|
|ヴォルネスク・スラヴ共和国||
|エルトアニア帝国||
|ガトーヴィチ帝国||
|カルセドニー社会主義連邦共和国|国際交易協力機構によるカドレン共和国に対するウラン鉱山開発支援協定|
|ギルガルド社会主義共和国連邦||
|ストリーダ王国|燃料を輸出|
|中夏人民共和国||
|トルキー社会主義共和国||
|冰州連合||
|フェネグリーク帝国|燃料を輸出|
|普藍共和国|燃料を輸出|
|ヘルトジブリール社会主義共和国|燃料を輸出|
|レゴリス帝国|燃料を輸出,レゴリス帝国・カドレン共和国間に於ける相互協力並びに安全保障条約|
※国名等の五十音順

***国交が存在した国
散花国連合共和国

*地理
カドレン本島とその他の島で構成される。カドレン本島は北西部の山脈地帯以外は起伏が少なく、大半が森林になっている。

**行政区分
船団の各船名がそのまま州名になっている。

***州の一覧
レンシア州
マナホーク州
グレインウォール州
ヒューベル州
ティリア州

**主な都市
ロカリス(Locaris 7,15):首都

ニューフィリー(NewPhilly 8,14):国土のほぼ中央に位置する港湾都市。

*交通
鉄道、道路共に首都圏から放射状に延びている。人口が南部に集中しているため、交通網も南部の密度が高い。
鉄道は国有鉄道が全国をカバーし、私鉄や自治体運営の鉄道が地域輸送を行っている。

*経済
燃料の輸出と国内商業が主要産業となっている。政府の農商業重視政策により、工業は森林資源を生かした
家具・建材産業以外は振るわない。

**企業
***公営企業
”カドレン・ナショナル鉄道”
国内全域に路線を持つ国有鉄道会社。

***民間企業
”ニューフィリー・サザン銀行”
国内最大手の銀行。

”キーファー”
食品及び木材を主に取り扱う総合商社。キーファー・グループの中核企業。

*軍事
建国間もない頃は小規模な国境警備隊を有する程度だったが、発展と人口増に伴い国防の重要性が増したため、790年に国防軍が組織された。
軍の装備はレゴリス製が主流となっている。

**装備(791年現在)
***車両
レオパルト2A6戦車:50輌
ホルニッセ歩兵戦闘車:300輌
フント装甲兵員輸送車:450輌
***航空機
Le-30M多目的ヘリコプター ブラックファルケ :45機
Le-19多用途戦闘機 ノスフェラトゥ:55機

**気候
国土のほぼ全域が、亜寒帯もしくは寒帯に属している。沿岸部は、暖流の影響で温帯気候も見られる。

*国民

**人種
ヨーロッパ系が8割近く、アジア系が1割ほどで、その他が1割。

**言語
英語を公用語としている。

*文化

***食文化
人口比率を反映して欧州の小麦・肉食の影響が大きいが、アジア系移民が伝えた中華料理のような
食文化も、独自のアレンジなどを経て受け入れられている。

**宗教
信教の自由が認められている。
キリスト教徒が大半で、多い順に、カトリック、プロテスタント、東方教会、その他となっている。

**教育

***主な大学
”ロカリス国立大学”
首都にある国立大学。官僚や政治家を養成している。

”ティリア工科大学”
工学、科学研究の専門大学。カドレンの宇宙開発で中心的役割を担っている。

**スポーツ
気候の関係でウィンタースポーツが盛んに行われている。特にアイスホッケーの人気が高い。