メニュー 閉じる

普蘭合衆国大香麗帝国間に於けるウラン鉱開発支援協定

トップページ フォーラム 外交交渉 普蘭合衆国大香麗帝国間に於けるウラン鉱開発支援協定

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後に普蘭合衆国により1年前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #9930
    普蘭合衆国
    参加者

    ホテル龍麗
    フリューゲル歴1080年8月7日
    普蘭合衆国ベルクマリ ホテル龍麗にて

    金慶希閣下におかれましては、遠路弊国までお越し頂きまずは感謝を申し上げます。
    弊国の龍鮮系コミュニティでも閣下のご訪問を心より歓迎するとの声が溢れ、我々としても今回のご訪問が両国間の更なる友好発展の礎となることを期待する次第です。

    さて、従前に提案しておりました開発協定に関して弊国から改めて以下の通りご提案申し上げます。
    内容をご確認の上、問題なければご署名をご検討ください。
    署名をいただき次第、速やかに援助物資をお送りしたいと考えております。

    普蘭合衆国と大香麗帝国間に於けるウラン鉱開発支援協定

    第1条 普蘭合衆国並びに大香麗帝国は下記の条項を履行する義務を負うものとする。
    第2条 普蘭合衆国は大香麗帝国へ資金30兆Va及び建材3億トンを援助する。
    第3条 大香麗帝国は第2条による普蘭合衆国からの援助物資の到着を確認次第、速やかにウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備、定期輸送に必要な港の整備を行うものとする。
     第1項 大香麗帝国は第2条による普蘭合衆国からの援助物資をウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備以外の用途に使用することを原則禁じる。
     第2項 但し、ウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備が早期に終了し、援助資金及び資材が残った場合に限り、その残余の援助資金及び資材を他の開発等に充てられる事を可能とする。
    第4条 大香麗帝国は第2条による普蘭合衆国からの援助の返済として、ウラン鉱山のレベルが最大になり次第、下記に定める取引を行う。
     第1項 大香麗帝国は普蘭合衆国に対し、燃料5億ガロンを定期輸送するものとする。
     第2項 普蘭合衆国は燃料5億ガロンの定期輸送の対価として、資金5兆Vaを定期送金する。
    第5条 第4条に基づき行われる取引は定期輸送開始日より2年(72期)継続するものとし、それ以降の取引継続若しくは打ち切りについては締結国間で協議するものとする。

    #9935

    記者会見に望む、金慶希礼部卿

    帝国政府としては異論はありませんわ。
    格別の御高配深く感謝致します。
    妾は帝国政府を代表し、協定に調印致します。

    大香麗帝国 正二品 礼部省礼部卿 金慶希

    願わくば、更なる麗蘭関係の発展が成されんことを。
    龍鮮系コミュニティの皆様の歓迎、この慶希心より感服の至りですわ。

    #9936
    普蘭合衆国
    参加者

    協定へのご署名、感謝申し上げます。
    普蘭合衆国からは私ハルトヴィン・フォクトが政府を代表してここに署名を致します。

    普蘭合衆国 国際貿易大臣 ハルトヴィン・フォクト
    The United States of Universal Marine –
    Secretary of State for International Trade , Hartwin Vogt

    物資は1080年9月下旬頃に輸送が完了いたします。
    貴国益々のご発展と、鉱山採掘の成功を心よりお祈り申し上げます。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。