メニュー 閉じる

フリューゲル国際連合事務局

トップページ フォーラム 同盟告知 フリューゲル国際連合事務局

15件の投稿を表示中 - 166 - 180件目 (全190件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #7458

    [別紙]

    候補者の氏名
     マクシミリアン・フォン・シュトレーメル侯爵

    略歴
     ヴィルリン大学で法学と政治学の博士号取得後、ヴィルリン大学の教員として勤める。オーヴァリア景気循環研究所所長を経て、現在はヴィルリン大学教授。

    学位
     博士(法学)
     博士(政治学)

    研究分野
     マクロ経済理論
     社会哲学
     政治哲学 等

      以 上

    #7466

    セリティヌム共和国(セリティヌム共和政)は、フリューゲル国際連合安全保障理事会一般理事国に、以下の国を推薦します。
    この推薦については、セリティヌム共和国政府より新たに推薦の意志表示が無い限り、有効であります。

    セリティヌム共和国(セリティヌム共和政)

    【推薦状】
     フリューゲル国際連合を中心とした多国間主義に基づく国際社会の平和と安全の維持には、これまで先進各国が多大な貢献を行っており、我が国として先進各国の貢献に敬意を表するものです。一方、近年はフリューゲルにおいて伝統的な国々以外にも、我が国も含む新興国も増加傾向にあり、先進各国と新興国の協調をいかに行って行くかも重要であると我が国は考えております。

     我が国は977年に正式に建国を行い、981年に国連に正式加盟しました。
     この間、自国の経済発展のみならず、ヴェニス・コンプレックスのような大国との経済連携や、新興国間の交流にも努めております。これらの外交を通じて得られた知見によって、新たな時代における先進国と新興国の協調に、我が国は一定の貢献をし得るのではないかと考えております。 

     セリティヌム共和国執政官 ティトゥス・ユウェンティウス

    #7494

    ラ・フローリド共和国政府はフリューゲル国際連合憲章の第1条に共感し、平和を実践する諸国との協調を努める所存として、
    国際連合憲章第4条1項の示す通り、本章における義務の受諾と、義務の履行及び意思を有している国家であると確信し、ここに加盟を申請致します。

     ラ・フローリド共和国 外務院長 
      マヌエル・エルナンデス

    フリューゲル国際連合事務総長
     アレクレイ・アレクセーエヴィチ・アルカゴーリ 閣下

    #7518

    ロムレー湖畔共和国はレゴリス帝国およびカドレン共和国の推薦代行国として、991-1000年度のフリューゲル国際連合一般理事国推薦国を以下の国に変更する旨通知する。

    烈国票:セリティヌム共和政
    角国票:セリティヌム共和政

    なお、以上の通知は、烈角両国の1001年度以降およびロムレー湖畔共和国の以後の推薦先を決定するものではない旨注記する。

    #7519

    ルクス・マグナ共和合衆皇国は、フリューゲル国際連合安全保障理事会に以下の国を推薦する。
    セリティヌム共和政

    #7520

    カルセドニー社会主義共和国は、フリューゲル国際連合安全保障理事会一般理事国として推薦する国を以下の国へ変更する。

    セリティヌム共和政

    なお、当変更は我が国を推薦代行国に指定している大石動帝国及び御岳山諸島祭主国の推薦先を変更あるいは決定するものではない。

    #7555

    ルクス・マグナ共和合衆皇国は、フリューゲル国際連合安全保障理事会に以下の国を推薦する。
    この推薦の意思表示は、新たな意思表示を行わない限り有効である。

    神聖ガトーヴィチ帝国

    #7556

    セリティヌム共和国(セリティヌム共和政)及びセリティヌム元老院は、憲章改正決議(A/RES/12/1)に基づくフリューゲル国際連合憲章改正案について、審議及び採決を行い、賛成多数をもってこれを承認し、批准を行った事を国連事務局に通知する。
    批准書についてはセリティヌム共和国行政部外務局を通じて、983年 4月3日付でフリューゲル国際連合事務総長アレクセイ・アレクセーエヴィチ・アルカゴーリ閣下に対して寄託した旨、併せて通知する。

    セリティヌム共和国行政部外務局長 カエソー・ポンペイウス
    Director of Foreign Negotiis hendrerit, Seritinum – Kaeso Pompeius

    #7559

    サンシャ独立国は、フリューゲル国際連合安全保障理事会に以下の国を推薦する。
    セリティヌム共和政
    この意思表示は新たな意思表示を行わない間有効である。

    #7560

    亜使徒聖ラディスラウス王冠の諸領邦の名において国際連合憲章を批准し、批准書を寄託す。

     クラカス聖王冠領副王兼政府首席大臣 レスカス公ラティボル・ヤロポルチチ(署名)

    フリューゲル暦983年4月朔日

    #7561
    新洲府
    参加者

    新洲府共和国は、フリューゲル国際連合安全保障理事会の一般理事国に以下の国を推薦する。
    この推薦の意思表示は、新たな意思表示を行わない限り有効である。

    新洲府共和国

    #7599

    ベロガトーヴィチ大公国は一般理事国に神聖ガトーヴィチ帝国を推薦いたします。

    #7603

    亜使徒聖ラディスラウス王冠の諸領邦の名において以下の通り国際連合事務局に通知す。

    一般理事国の推薦に付き、オーヴァリア大公国を代行国とす。

    別途通知を行うまでの間、この決定は有効である。

     クラカス聖王冠領政府外務大臣 ボリソフ分領公フセスラフ・ログヴォロドヴィチ(署名)

    #7611

     ショッテン=ローテン王国政府は、国際連合憲章を批准し、批准書を寄託します。
     また、憲章第13条第2項に基づく、本邦の一般理事国の推薦に関する投票権の行使については、当面の間、オーヴァリア大公領政府に委任しますので、その旨通知します。

    983年 5月27日
    ショッテン=ローテン王国 渉外担当国務大臣 カレル・マリペトル 

    #7638

     オーヴァリア大公領は、991-1000年におけるフリューゲル国際連合安全保障理事会の一般理事国として以下の国を推薦する。

       大石動帝国

     また、クラカス聖王冠領及びショッテン=ローテン王国よる一般理事国の推薦に関する投票権の行使として、その受任国としての資格に基づき、991-1000年におけるフリューゲル国際連合安全保障理事会の一般理事国として以下の国を推薦する。

       クラカス聖王冠領による投票権を代行し、大石動帝国を推薦する。
       ショッテン=ローテン王国による投票権を代行し、大石動帝国を推薦する。

    以上

15件の投稿を表示中 - 166 - 180件目 (全190件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。