メニュー 閉じる

定期資金・燃料取引権に関する抽選(西瀛公国外国部)

トップページ フォーラム 外交交渉 定期資金・燃料取引権に関する抽選(西瀛公国外国部)

  • このトピックには5件の返信、3人の参加者があり、最後に西瀛により11ヶ月前に更新されました。
6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #1932
    西瀛
    参加者

    西瀛公国外国部(Foreign Policy Office)

    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
    我々、西瀛公国は将来的にウラン鉱山の開発が完了した段階で、外国への輸出を行います。
    その際に、燃料の輸入を下記(「条件について」以降参照)の条件で合意頂ける国を募集しています。

    取引内容は燃料4億ガロンに対して、資金4兆となっています。
    入札に際して、各国の通商担当者様は下記の注意事項をよく確認してください。

    ・これまでに支援を行って頂いた事を考慮しライン共和国、レゴリス帝国、ガトーヴィチ帝国、新洲府共和国、カドレン共和国、トラハト=ラシュハ連合王国には優先的抽選への参加権があります。
    ・優先的抽選への参加権を有する国からの抽選参加表明がなかった場合は一般的な抽選となります。
    ・抽選は「〇〇国は本抽選に参加する」といった内容の返信をお願いいたします。
    ・抽選への参加は国交のある国のみとします。

    競争入札ではありませんので優遇的抽選への参加権を持つ国を除く、すべての国が対等の条件の抽選となります。

    しかし、「条件について」を上回る「西瀛公国が明らかに有利な条件」での提案があった時は、提案を行った国に対して
    優先的抽選権を有する国々と同様の抽選権をお約束いたします。(ただし、取引は提案に基づいたレートによる取引となります)

    「条件について」

    【要旨】
    N国および西瀛公国の2国政府は下記の内容による定期取引に合意しました。

    ・燃料4億ガロン ⇔ 資金4兆Va の取引
    ・終了に関する条件の設定

    ※詳細は合意内容に関する文書を参照してください。

    N国・西瀛公国の定期取引合意

    N国及び西瀛公国は、資金と燃料の定期的な取引を実施する。

     A.N国は資金を4兆Va、6期毎に西瀛公国に送金し、西瀛公国は燃料を4億ガロン、6期毎にN国に輸送する。
     B.災害などのやむを得ない事情により、取引の継続が難しくなった場合、両国の政府は協議を行う。
     C.本取引は下記のいずれか(※C1参照)を満たした場合、終了する。
     D.この合意は両国の通商担当責任者の署名と相互の立法機関における承認を得る必要がある。

    【C1】
    ・取引の終了を相手国に通知してから48ターン経過したとき
    ・取引の終了を相手国に通知し、即時の終了を双方が合意したとき
    ・戦乱等の発生により、相手国との取引が自国の安全保障にとって危険であると認められるとき

    不明点は本トピック、もしくはSlackで西瀛公国外国部まで直接お問い合わせください。

    • このトピックは西瀛が11ヶ月、 1週前に変更しました。
    #1978

    我が国は本抽選会に参加することを表明いたします。

    #1984

    ガトーヴィチ民主帝国政府を代表し、本抽選会に参加いたします。

    #2010
    西瀛
    参加者

    抽選参加申し込みを現時点を持って終了いたします。
    抽選にご参加頂きましたレゴリス帝国、ガトーヴィチ民主帝国にお礼を申し上げます。

    公正なる抽選の結果、レゴリス帝国が定期資金・燃料取引権を獲得いたしました。
    レゴリス帝国代表はお手数ですが本告知から48時間以内に下記の合意への署名をお願いいたします。
    48時間以内の署名が無い場合、ガトーヴィチ民主帝国が自動的に定期資金・燃料取引権を取得するものといたします。

    レゴリス帝国・西瀛公国の定期取引合意

    【要旨】
    レゴリス帝国および西瀛公国の2国政府は下記の内容による定期取引に合意しました。

    ・燃料4億ガロン ⇔ 資金4兆Va の取引
    ・終了に関する条件の設定

    ※詳細は合意内容に関する文書を参照してください。
    レゴリス帝国及び西瀛公国は、資金と燃料の定期的な取引を実施する。

     A.レゴリス帝国は資金を4兆Va、6期毎に西瀛公国に送金し、西瀛公国は燃料を4億ガロン、6期毎にレゴリス帝国に輸送する。
     B.災害などのやむを得ない事情により、取引の継続が難しくなった場合、両国の政府は協議を行う。
     C.本取引は下記のいずれか(※C1参照)を満たした場合、終了する。
     D.この合意は両国の通商担当責任者の署名と相互の立法機関における承認を得る必要がある。

    【C1】
    ・取引の終了を相手国に通知してから48ターン経過したとき
    ・取引の終了を相手国に通知し、即時の終了を双方が合意したとき
    ・戦乱等の発生により、相手国との取引が自国の安全保障にとって危険であると認められるとき

    西瀛公国は本合意文書に署名します。

    西瀛公国外国卿 胡華
    Ministry of Foreign Policy of Sai Ying ; Hu Hua

    公国立法院は全会一致により本合意を承認した。

    公国立法院
    Legislative Yuan of Sai Ying

    #2036

    レゴリス帝国政府を代表して本合意文書に署名します。

    レゴリス帝国通商産業大臣 パメラ・フェルレーア
    Regolith Reich –
    ReichsMinister für Internationalen Handel und Industrie, Pamela Ferler

    レゴリス帝国議会上院および下院は全会一致を以て本合意文書を承認した。

    レゴリス帝国議会上院および下院
    Kongress der Regolith Reich, Reichsrat und Reichstag

    #2042
    西瀛
    参加者

    両国の通商担当責任者の署名と相互の立法機関における承認とその正式な確認を経て
    本合意は875年3月初旬より完全に有効であります。

    正式な貿易開始のタイミングについては、両国通商担当者の協議によって決定されます。

    以上

6件の投稿を表示中 - 1 - 6件目 (全6件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。