メニュー 閉じる

返信先: トータエ鉄鋼山開発の外資導入について

トップページ フォーラム 外交交渉 トータエ鉄鋼山開発の外資導入について 返信先: トータエ鉄鋼山開発の外資導入について

#10373

1.鉱山開発費用として援助いただける資金・建材の量 資金 30兆Va 建材20億トン

2.我が国が輸出する鋼鉄の単価 1億トン当たり10兆Va

3.6期ごとの鋼鉄の輸出量、1億トン=計10兆Va

4.定期輸出契約が最低限存続する期間  2190期

5.契約期間終了後、契約解消時の猶予期間 フリューゲル暦換算で10年

弊国は上記の条件を以て貴国鉄鉱山開発に関する外資投入に参画したい旨をここに通知します 本会議への出席者は弊国の外務大臣となります

代表者 ルクスマグナ共和合衆皇国外務大臣 ベルガーナ・フラウンフェルト
(Reichsstaat Lux MagnaMinisterin für auswärtige Angelegenheiten  Bergana Fraunfeldt)

  • この返信は3ヶ月、 2週前にルクスマグナ共和合衆皇国が編集しました。理由: 契約内容の修正
  • この返信は3ヶ月、 2週前にルクスマグナ共和合衆皇国が編集しました。理由: 入札内容の修正(鋼鉄の輸入量及び価格の修正 価格 20兆→10兆Va 輸入量5億トン→1億トン)