メニュー 閉じる

実弾演習が国際問題化

【実弾ミサイル発射訓練が国際問題に】
ライン共和国軍が実施した853年2月初旬に行われた実弾ミサイル発射訓練に対し、海外からの批判が集まっている。

実践経験が無い共和国軍は対ミルズ共和国戦争が予想されるこの時期に、自国の防災都市・農村を標的とする軍事演習を行った。退去命令を下された住民は軍の宿舎などで不便な7日間を強いられた。被害が生じた家屋は約1万軒で、被害家屋の所有者に対し軍は補償金を支払っているが、一部所有者とは保証金額で合意ができていない。

このように、国民の生活を無視した軍事演習であり、一部の国からは「野蛮な日文明的行為」との批判がされている。


【人的被害は確認されず】
今回の軍事演習に先立ち、標的地域の住民には厳重な退去命令が発せられ、軍・警察による残留住民の強制排除が行われており、人的被害が生じたとの情報は入っていない。

Related Posts